ブログ

会社設立のメリット・デメリット

会社法が施行されたことにより、株式会社の資本金が1円でよい、取締役が1人でよい、などの制度の簡略化がされ、手軽に株式会社を設立することができるようになりました。しかし、簡単に会社を設立することはできますが、会社を設立した後、会社を維持していくためには、費用もかかりますし、税務や法律の知識も必要となります。

会社を設立する前に、会社設立によってどのようなメリットとデメリットがあるのかを、しっかりと把握しておく必要があります。

<会計・税務面のメリット>
個人事業の場合には、プライベートで使ったお金(家事関連費)と事業活動のために使ったお金(経費)とを分ける必要がありますが、株式会社の場合、その活動は所有者である株主のために利益を得ることを目的としたものであり、それ以外の活動はありません。このため、会社の経費は原則として、すべて事業活動のために支出されたものとみなされ、経費の範囲も自ずと広がってきます。

具体的には、以下のようなものがあげられます。
1、 生命保険を経費にできる
2、 退職金を経費にできる
3、 規程化することで出張手当(日当)も経費にできる
注:一定の要件や相当の金額などの制約はあります

また、税務面では、次のような違いがあります。
1、 社長の給料(役員報酬)の一定割合を概算経費として控除できる(給与所得控除)
2、 減価償却費の計上が任意にできる
3、 資本金1000万円未満(1000万円ではダメです)であれば2年間消費税が免除される
4、 赤字を繰越控除できる期間が7年間(個人の場合は3年間)

<経営面のメリット>
1、 社会的信用が大きくなる
2、 決算日を自由に設定できる
3、 助成金の幅が増える
4、 人材を確保しやすい
5、 事業承継しやすい

<会計・税務面のデメリット>
1、 設立費用がかかる
2、 赤字でも法人住民税(均等割)は課される
3、 社会保険料が増える
4、 交際費の一部が経費とならない
5、 法人成りにより経費がかかる(はんこ、名刺、看板、ホームページ等の変更費用、場合によっては税理士等の顧問料など)

<経営面のデメリット>
1、 設立・開業手続きが面倒
2、 正規の帳簿が必要となる
3、 会社法等の法的規制が厳しく、いろいろと義務付けられている

必ずしも会社設立を勧めるものではありません、会社設立のメリット・デメリットを把握したうえで、ご検討いただければと思います。

関連記事

  1. 会社にかかる税金
  2. 会社設立後の届出
  3. 会社設立・開業までの流れ
  4. 年間スケジュール
  5. 決算期の決め方

ブログ・カテゴリー

最近のブログ記事

ブログ・アーカイブ一覧

PAGE TOP